宮崎/都城市/皮膚科/形成外科/美容ひふ科・外科

〒885-0017
宮崎県都城市年見町24-5
map
0986-45-0020
ホーム診療案内アクセスクリニック紹介当院を受診される方へ

Web予約受付システム

都城看護専門学校

美容ひふ科・外科

ホーム»  美容ひふ科・外科

しみ

Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーは、正常皮膚や血管には殆ど吸収されずメラニン色素にのみ吸収されるため正常組織への損傷を最小限に抑えながらしみの色素を破壊します。
治療は初回 ¥8,000 -(税別) (直径1cm以内・1か所のみ)
治療の状態により、1か月後より次の部分の治療を実施します。2回目以降 ¥8,000-~(直径1㎝以内・2箇所)
2週間程(痂皮が取れるまで)の絆創膏、またはRSファンデーション(保護+美容成分+UVカット:コンシーラー)の使用が必要です。
治療は紫外線が少なく、汗をかかない時期(10月~3月)をお勧めしております。
 

レーザー治療をする前に

化粧や日焼け止めを落として頂く必要があります。パウダールームに洗顔料やタオルが準備してありますので、ご利用後診察をお待ち下さい。

レビュー(画像診断装置)での写真撮影後、診察にて治療部位の確認をします。
 

レーザー治療中

ゴムではじかれるような痛みです。
痛みや組織の炎症を最小限にするために氷で冷やしながら行います。レーザーの光を直視すると危険ですので、アイシールドを使用します。

打ち残しを防ぐために少し広めに照射します。
 

レーザー治療後の注意事項
治療当日

照射直後は白くなり少し盛り上がります(ホワイトニング)痛みがある場合は保冷剤で冷やします。
治療後の色素沈着や痛みが最小限に抑えられます。

シャワー浴や洗髪は構いません。
翌日まではテープをはがさない様にしましょう。

次へ
1日目~14日間程度

翌日には治療部位がピーナツの薄皮状の茶色(かさぶた)になっています。
周囲の赤み・出血・水泡が出来る場合もありますが、レーザーの反応がよいためですので、心配ありません。

治療部位は出来るだけ触らないようにしましょう。

次へ
かさぶたが取れたら…(10日~16日)

皮膚の状態を確認するため、必ず受診して下さい。レビュー(画像診断装置)にて治療後の状態を確認します。

再診後は、治療部位にもお化粧やお手入れをして構いません。

次へ
治療後1ヶ月

照射部位が一時的に濃くなります。

遮光と優しいお手入れを心がけて下さい。
ご希望があれば「しみクリーム」を使用していただきます。

次へ
治療後3ヶ月

3~6ヶ月ほどかけて自然な周囲の肌の色になじんでいきます。
治療後の経過や結果は個人差があります。

 

肝斑(かんぱん)の治療

肝斑は30歳くらいから55歳の女性の頬にできる茶色の辺縁がぼやけた色素班です。
原因は女性ホルモンの影響と言われており「日焼け」や「化粧や洗顔時の摩擦」で悪化します。
「しみ」と間違えてレーザーや光治療(フォトフェイシャル)により治療をすると、痂疲が取れたのち一時的(3~6か月ほど)にはかえって濃い状態になってしまうため、保存的な治療がお勧めです。
トラネキサム酸=トランサミンの内服や、ハイドロキノンや高濃度のビタミンC外用剤の併用で気長に治療します。
治療で軽快しても55歳くらいまでは再発を繰り返しますので、遮光の継続や顔の摩擦に注意し、悪化した際は治療を再開します。

レーザートーニング=ルートロトーニングについて
1~4週間おきに弱い出力のレーザーを繰り返し当てることで肝斑を薄くしていく治療です。効果に個人差が大きく、かなりの回数繰り返さないと、肝斑が目に見えて減らないことがあるのと、合併症として白斑=脱色素班を起こすことが問題です。1度白斑をきたすと色素が出にくいため、当院ではトーニング治療は中止しております。

 

スペクトラ治療

QスイッチYAGレーザー スペクトラ


スペクトラとは、レーザー熱を肌の深層に伝え、表皮層と真皮層を刺激し、
気になるシミ・毛穴・はりなどの肌質改善を行う治療です。

スペクトラピール

肌質改善(ニキビ・毛穴の引締め・キメハリ)

ルートロピール

美白(色むら・毛穴の黒ずみ・そばかす)

デュアルピール

スペクトラピール&ルートロピールのコンビネーション

SPECTRAデュアルモードの各々の役割

施術の流れ

◇カウンセリング後洗顔。
◇施術中は、パチパチと軽い刺激とあたたかさを感じますが、麻酔も必要とせず安心して治療を受けて頂くことが可能です。
※痛みには個人差があります。
◇1回の照射時間は10分~20分程度で、メイクをしてご帰宅することができます。
◇洗顔の際は治療した部位を擦らないようにし、保湿と日焼け止めの使用をお勧めします。

注意点

◇治療後は一過性の皮疹や点状出血が出現することもありますが、数日から1週間で消失します。
◇稀に白斑(白抜け)や、一時的な治療部位の悪化を起こすことがあります。
◇皮膚が炎症(日焼け)を起こしている状態や、他の治療などで腫れやむくみが残っている場合は、治療出来ないことがあります。治療前後1週間程度は過度な日焼けに注意して下さい。
◇ステロイド剤・経口避妊薬を内服している方、妊娠・授乳中は治療できません。
◇アートメイクの部位、または肌色・白色の色素を入れている方、金属プレートや金の糸が埋め込まれている方も治療できません。
◇治療の効果には個人差があります。

スペクトラ料金
スペクトラピール 1回¥12,000(税別)
ルートロピール 1回¥12,000(税別)
デュアルピール 1回¥18,000(税別)

 

フォト(RF)治療

フォトRF
 

フォトRF(オーロラ)とは、光エネルギー(くすんだ肌の表皮にあるメラニンにダメージを与える働き)と、高周波(RF:肌の奥の真皮層にまで熱エネルギーを届ける働き)との組み合わせです。光老化によるシミ・ソバカスやくすみ・血管拡張による顔の赤みの改善と、肌にハリと弾力が生まれるため小じわや毛穴の開きを複数回の治療でダウンタイムなしに改善させることを目的とした治療です。
 

フォト(RF) 1回¥19,000-(税別)
 

フォト(IPL)治療:ノーリス


 

肌の治療に利用される光の波長

波長とは光の長さのことで、I2PLは自然界にあるさまざまな光の中から目に見える可視光線を工夫してこれを器械的に増幅させた光を使用します。例えば赤外線(infrared)も光の1つでこれはコタツのように物を温める熱作用があります。紫外線もそうです、これは殺菌作用やメラニン色素の生産を促進させる作用があります。



 

レーザーとフォト(IPL)治療器との違いと治療比較

レーザー
単一波長の光のため一つの波長のみ照射され、単一の治療効果。 光が深部まで届くため鋭利なメスのように深い部位の治療が可能な反面、副作用も高くダウンタイムが長い。

フォト(IPL)治療器
ブロードバンド(多)波長の光により、一貫性のない規則性のない照射で、様々な光の中から幅広い波長を取り出したもの。よって同時に複数の治療効果が期待できる。 光は浅い部位に限られ、副作用が少なくダウンタイムも少ない。

 

フォト(IPL)治療器の光とは?

単一波長(a~e)のレーザーと異なり、フォト治療器で照射される光はインテンス・パルスド・ライト(IPL)と呼ばれ560~1200nmまでの幅広い波長(右表の黄色の帯)の光を照射します。いわばカメラのフラッシュのような光でレーザーに比べマイルドで幅の広い波長の光は安全で幅広い肌の総合的な改善を実現します。


 

光治療器のメカニズム

光の透過率を高めるジェルの上から照射された光は、しみなどの原因となるメラニン色素や赤ら顔の原因となるヘモグロビンといったターゲットのみに反応し、熱となってそれらにダメージを与えます。
また、その熱は線維芽細胞(コラーゲン)も刺激し、コラーゲン増生作用を促進させ肌の中から弾力性が増します。
同時にターンオーバー(新陳代謝)を活性化させ、メラニンなどのターゲットは表皮にあがって剥がれ落ちるか、肌の深部(真皮)側に沈んでいきマクロファージが処理します。



 

デュアルモードフィルタ

『デュアルモードフィルタ』を採用している[ノーリス]では
肌の水分に吸収される950~1200nmの波長をカットすることにより冷却装置無しでも、火傷のリスクを大幅に低減するとともに、治療に有効な波長のみを照射することで、少ないエネルギーでも、高い治療効果(即効性)が期待できます。


 

期待できる効果

幅の広い波長の光により肌のキメ、ハリやくすみといった総合的な肌質の改善の他、しみ、そばかすや顔の赤みの改善が期待できます。
また患者さんによっては小じわや毛穴の縮小、リフティング効果があるという報告もされています。

 

治療の流れ

治療時間は40分程です
化粧をせずに来院または院内で洗顔してお待ちください。

 

フォト(IPL) 1回¥19,000-(税別)
 

エレクトロポレーション

エレクトロポレーションとは、電圧の力で細胞間に隙間を作り、大きな分子の美容成分を皮膚深層にダイレクトに浸透させます。
レーザー治療との併用では特に効果的になります。

エレクトロポレーション 1回:¥6,800- (税別) 成長因子+ヒアルロン酸+プラセンタ他
イオン導入 1回:¥4,500- (税別) ビタミンC他
レーザー治療併用で ¥2,000- 引き


 
ページトップに戻る

たるみ

切らないたるみ治療【HIFU】

ULTRAcel Q+
ウルトラセル キュープラス

たるみをリフトアップ!スピーディに効果を実感

ULTRAcel Q+はこんな人におすすめ

・リフトアップ
・たるみ
・しわ・小じわの改善
・毛穴
・肌のハリ
・ほうれい線
・小顔効果
 

ULTRAcel Q+とは

ULTRAcel Q+はHIFU(高密度焦点式超音波)というテクノロジーを使用し、短時間で快適に肌のリフトアップやたるみ・しわにはたらきかけます。
 

☆特徴1

☆特徴1 HIFUの効果は即時的&中長期的!
HIFUテクノロジーは超音波の熱エネルギーを皮膚内部に点状に集中させ、たんぱく変性を起こすことでコラーゲンの再生を促し、たるみを改善します。治療直後はもちろん、コラーゲンの再生が行われる2~3ヶ月後に最も効果を感じ、このプロセスは中長期的に継続します。リフトアップやタイトニングに最も効果的な皮下やSMAS筋膜にHIFUを照射できるのは医療機関のみです。


 

☆特徴2

☆特徴2圧倒的にスピーディな施術時間で忙しい方にもおすすめ!
1ショットの照射スピードは他のHIFU治療機と比べても非常に早く、これはULTRAcel Q+の最も特化した機能です。

 

施術の流れ

  1. カウンセリング
    気になる部位を伺い、施術方法について詳しく説明いたします。
  2. メイクオフ
    メイクや日焼け止め・化粧水などを塗布している場合は、クレンジングでしっかり洗顔し、皮脂や汚れを落とした清潔な状態にします。
  3. 照射
    ジェルを塗布し、照射します。
  4. 治療完了
    ジェルを拭き取り洗顔します。施術後すぐにメイクをしてお帰りいただけます。

Q&A

施術時間は?
施術内容、照射部位によって異なりますが、全顔のリフトアップ治療の照射時間は平均400ショット照射した場合30分程度です。
痛みはありますか?
痛みの感じ方には個人差がありますが、わずかに熱感があります。ほとんどの方は麻酔なしで施術が可能ですが、ご心配な方は麻酔クリームの使用も可能です。その場合は塗布30分後より施術開始いたします。
日常生活に支障はありますか?(ダウンタイム)
表皮へのダメージは無いためほとんどありません。施術後すぐにメイクも可能です。稀に腫れ、かゆみ、筋肉痛のような疼痛や違和感が伴うことがありますが、これらは一時的な反応です。
何回の施術が必要ですか?
1回の施術でも効果的です。より永続的な効果を維持したいとお望みの場合は、半年から1年を目安に継続して施術を受けられることをお勧めします。
効果はいつ頃期待できますか?
施術直後から効果を感じることはできますが、数ヶ月後にコラーゲンの再生が起きます。
個人差はありますが、このプロセスは6ヶ月ほど持続します。
日焼け肌でもOKですか?
肌の色を問わず施術を受けられますが、日焼け直後は皮膚が熱を持っている状態ですので思わぬ副作用を招きかねません。日焼けが落ち着いてからの施術をお勧めします。

ULTRAcel Q+料金

顔全体+あご 1回¥120,000-(税別)
ほほ~あご 1回¥100,000-(税別)
顎周囲のみ 1回¥80,000-(税別)
目の周囲のみ 1回¥60,000-(税別)
ページトップに戻る

しわ

Flax1550:フラクショナルレーザー治療

フラクショナルレーザーとは、1回の治療でお肌の20%ほどが新しいお肌に入れ替わると言われています。毛穴・小じわ・タイトニング・肌質の改善・ニキビ跡などお肌の若返りを目指した治療です。

レーザーの特徴

  • 極めて細いビームを高密度に照射し、周辺組織を傷つけることなく、皮膚内部の特定の深さに、熱損傷部位を作る。
  • 無数のビームは、健常組織に囲まれ、周囲組織への熱ダメージが最小限に止まっている為、短期間で治癒する。皮膚内部のコラーゲンの生成が促進される、副作用が少ないレーザー治療である。
皮膚の若返り治療

照射後の組織反応

  • 凝固層周囲の熱ダメージを受けない健常組織により、24時間以内の再上皮化が可能となる。
  • 継続的な真皮内における再生プロセスにより、長期間のコラーゲン生成効果が起こる。
照射後の組織反応

施術の流れ

  • 洗顔後皮脂を落とします。
  • 麻酔のクリームを塗り、30分ほど待ちます。(痛みには個人差がある為チクチクとした痛みを感じます)
  • レーザーを照射します。照射時間は顔全体で40分程度です。
  • タオル冷却後、15分のクーリングパックを行います。
  • 保湿・UVクリームを塗布し、終了。
  • 治療直後は赤み・ほてり・ひりひり感が大変目立ちますが、1~2時間で半分以上の赤みはなくなります。個人差はありますが、1~3日程度継続する場合やむくみを感じることもあります。症状を抑えるために、帰院後も冷やしたタオルなどでクーリングを行うことをお勧めします。
  • 治療直後よりメイクは可能ですが、ひりひり感や赤みなどの症状が落ち着くまでは、マッサージなどの強い刺激や、角質除去剤などの刺激のある化粧品の使用は控え、保湿性の高い化粧品のご使用をお勧めします。温泉・サウナ・岩盤浴等の使用、過度の飲酒・激しい運動は血流を良くして赤みが増すことがありますので控えて下さい。当日はシャワー浴のみにしましょう。
  • 施術後1週間ほどは、治療前に比べて肌のトーンが少し暗く変化しザラつきを感じますが、角質を無理に除去せず、自然に剥がれるのを待ちましょう。
顔全体+あご 1回 ¥60,000-(税別)
ほほ~あご 1回 ¥50,000-(税別)
鼻+ほほ 1回 ¥40,000-(税別)
額のみ 1回 ¥15,000(税別)
鼻のみ 1回 ¥15,000-(税別)
ほほのみ 1回 ¥30,000-(税別)

 

ボトックス注射・ヒアルロン酸注入

ボトックス注射とは、
ボツリヌス菌の毒素で末梢神経の伝達物質である「アセチルコリン」をブロックし、筋肉の動きを止めることでシワをつくらないようにする治療です。表情を変える前からある深いシワに対しては効果はありません。

眉間にはボトックスビスタ(輸入による商品のために施術までにお時間をいただきます
額、目じりなどにBOTOX
ボトックス注射:1カ所¥50,000(税別)-

ヒアルロン酸は、
コラーゲンと同じ人間の体の中にある成分で、皮膚の弾力を保つ働きをしています。年齢と共に減少するヒアルロン酸を補ってしわの改善を目指す治療法です。
治療にメスは一切使わず、注射針を使ってしわに注入、効果がすぐに実感できます。
ヒアルロン酸注入:1本¥50,000(税抜)-

ページトップに戻る

脱毛

脱毛【CLALITY】

全身脱毛におけるあらゆる部位を快適に効率的に行うための各種Laser口径を用意しました
CLARITY脱毛
CLARITY脱毛
CLARITY脱毛

CLARITY(クラリティ)は、アレキサンドライト+ヤグレーザーを1台に凝縮し、アジア人の肌質に最も適した全身脱毛機器です。
男性の濃いヒゲから産毛、日に焼けた肌まで、確実に脱毛効果を発揮します。
お肌に優しいマイナス温度の空気冷却で痛みも少なく、ジェルを塗る必要もない為、スピーディーな脱毛が可能になりました。

・毛抜き処理をしている方は、治療開始2ヶ月前程前から剃る処理へ変えて下さい。

脱毛料金一覧
<部位> <1回>
わき ¥8,000(税別)
肘~肩 ¥30,000(税別)
手首~肘 ¥30,000(税別)
手(手首より先) ¥10,000(税別)
¥10,000(税別)
膝下~足首 ¥40,000(税別)
太もも ¥35,000(税別)
足(足首より先) ¥10,000(税別)
鼻の下 ¥10,000(税別)
男性ひげ(顔) ¥20,000(税別)
ページトップに戻る

ピアス

安全で正確なピアッシング

当院では滅菌された清潔な医療用ファーストピアスを使用し、患者様とご相談の上、耳たぶの形に合わせたバランスの良い部位に正確にピアッシングを行います。

ピアス【ガン】
ピアス【ピアッサー】
耳たぶの厚さに合ったファーストピアス

穴をあけたばかりのデリケートなピアスホールに長時間つけ続けるファーストピアスは、ピアスホールを圧迫しないだけの軸の長さが必要です。当院では8mmのロングタイプと6mmのスタンダードタイプの2種類から、患者様に合ったサイズのファーストピアスを選びピアッシングを行います。

ピアス

アレルギーに対応したファーストピアス

普段、指輪やネックレスなどで異常がなくても、あけたばかりのピアスホールは傷口と同じなので注意が必要です。当院でのファーストピアスは24K純金処理医療用ステンレスや金属アレルギーを起こしにくい純チタン素材や透明タイプ(医療用ポリカーポネイト)のファーストピアスを使用しております。

正しいアフターケア

ピアッシング後、感染症などのトラブルを避けるためには、ピアスホールを清潔に保つことが基本となります。ピアスホールは完成までに耳の薄い人で4週間、耳の厚い人で6週間ほどかかります。その間ファーストピアスは外さずに、毎日しっかり洗いましょう。

ピアスホールが完成後

ファーストピアスを外したばかりのホールはとてもデリケートです。セカンドピアスは軸の太いピアスを選びましょう。

料金
ピアス開穴 ¥5,000(税別)- ピアス代も含む、片耳でも、ピアス持参でも同料金
ピアスの穴の開けなおし(当日) ¥0(税別)-
ピアスの穴の開けなおし(1ヵ月以内) ¥1,000(税別)-
ピアスの穴の増量(当院ピアス持参) ¥2,000(税別)-
ページトップに戻る

刺青除去

刺青レーザー治療

当院に導入されているレーザーは、Qスイッチルビーレーザーです。
黒・緑の染料を使用した刺青には効果的ですが、赤や原料によっては反応しない場合もあります。色素の少ない刺青は1~数回で除去されます。
色素の多い刺青や色によっては

  • 10回以上の治療が必要となる
  • 完全に除去できない
  • ケロイド状の傷跡になる事もあります
レーザー治療中

ゴムで弾かれる様な痛みです。
痛みや組織の炎症を最小限にするため、通常は保冷剤で冷やしながら行います。
痛みに我慢できない方や治療する場所によっては麻酔の注射やテープを貼っていただくこともあります。

レーザー治療後

照射部位は軽いやけどの状態で、反応した部分は白くなっています。
出血・水泡が出来る場合もありますので、翌日は必ず受診しましょう。
1週間ほどでかさぶたになり、2週間ほどで自然にはがれますのでこすらないようにしましょう。
破壊された色素は、かさぶたになりはがれる部分と体内で次第に吸収される部分があり、趾間の経過とともに自然と薄くなっていきます。
よって2回目のレーザー治療は皮膚の状態が落ち着いた2~3ヶ月後に施行します。
一時的に色が濃くなるのを防ぐために、半年ほどの日焼け止めの使用と優しいお手入れをおすすめします。

1~30ショット(手や指の小さなもの) ¥9,000(税別)から

刺青切除

局所麻酔をして切除後、糸で縫います。大きいものは2~3回に分け、3ヶ月程度の期間をおいて分割切除します。大きさ・場所・形によっては切除する事が難しい場合もあります。
  5cm以内 ¥50,000-~
 

ページトップに戻る

うす毛治療

AGA「男性型脱毛症」に対する内服治療

AGAとは、男性に最も多く見られる脱毛症で、「男性型脱毛症」の略です。
AGAは、ほかの脱毛症と異なり、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪がどちらか一方、または双方からうすくなり、進行していくのが特徴です。
細くて短い髪の毛が多くなり、全体としてうす毛が目立つようになります。
一般的にジドロテストステロンや遺伝が関係すると言われています。
またAGAは進行性で何もしないでいると徐々に進んできます。進行を抑えるためには早めのケアが大切です。
「プロペシア錠」や後発品の「フェナステリド錠」を処方しております。
また2016年には頭頂部だけでなく前頭部にも有効とされ、効果も強力な「ザガーロ」=デュタステリドが発売され当院でも取り扱いをはじめました。

どのくらいで効き始めますか?
治療の効果は、抜け毛が減ったかどうかが目安となり、その判断には6ヶ月の服用が必要です。
うす毛が改善したら服用をやめてもいいですか?
服用をやめると再びうす毛が進行します。服用を続けることが重要です。
服用時間は何時にすればいいですか?
食事の影響を受けませんので、食前、食後いつでも服用が可能です。忘れずに服用するには毎日決まった時間帯に服用することをおすすめします。
頭皮につけるタイプの育毛剤・発毛剤と一緒に使えますか?
一緒に使った場合の安全性について、問題となった報告はありません。
お勧めの育毛剤はありますか?
「リアップX5」がお勧めです。リアップシリーズは「第1類医薬品」に分類され、薬局やドラッグストアで薬剤師さんから直接対面で効能効果や副作用、使用上の注意など説明を聞いてから購入する必要があります。
女性は使えますか?
使えません。男性のみ服用して下さい。
妊娠中の方が服用すると、男性胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。

AGAについて詳しく知りたい方はこちらへ
「ザガーロ」GSKのサイト
「プロペシアMSDのサイト
ページトップに戻る